プラス株式会社

代表取締役社長

サイン.png

皆さんはプラスが何をやっている会社かご存じですか?

文具やオフィス家具のメーカーの顔も持ちながら、自社製品に加え、お客様が求めるものであれば、たとえ競合他社製品であっても仕入れて販売する商社の顔も持つユニークな会社です。

いわば一つ屋根の下に利害が異なる事業が同居していますが、異なった組織の社員がそれぞれの立場でお客様のためにベストを尽くすことで強くて、フェアで、ユニークな組織体を作り上げています。

 

もし私が「プラスは何の会社ですか」と聞かれたら、「ユニークネスを追求する会社です」と答えます。

プラスを「〇〇の会社」と決めつけるのではなく、時代変化に合わせて事業を柔軟かつ迅速に変えていける

会社にしていきたいと考えています。

もちろん近未来は、現在主たる事業である文具や家具の開発、製造、販売がビジネスの柱には変わりませんが、

新しい発想や柔軟な頭をもった学生の皆さんとは、現状を絶対とせずに「アレやってみたい」「コレ試してみたい」を一緒に次世代のビジネスにしていきたいと考えています。

 

プラスの企業理念は「新しい価値で、新しい満足を。」です。

新しい価値とは、言い方を変えると「世の中にまだ存在しないユニークな製品やモノの売り方のこと」。

新しい満足とは、「お客様すら気づいていない潜在ニーズを呼び起こし、新しいスタンダードを創っていくこと」。

プラスはこれから未来永劫、文具や家具のメーカー、商社であり続けるかどうかはわかりませんが、新しい価値で新しい満足を作り続ける企業であり続けたいと思っています。

VUCAと呼ばれる不透明な時代、私たちと一緒にユニークネスを追求することに喜びとやりがいを感じてくれる学生の皆様との「再会」を楽しみにしています。​​

 トップメッセージ