-287_edited.jpg

ステーショナリーカンパニー R&D本部

2017年4月入社。

新入社員研修を経て、ステーショナリーカンパニーR&D本部に配属、現在に至る。

Q1. 現在の業務内容

ステーショナリーカンパニーのR&D本部に所属しており、主に3DCADでモデルを作り、機能が満足に動くような設計やそのために必要な材料を選定、市場とマッチしているかなど調整を繰り返しながら開発を行っています。

設計業務以外では、既存製品の評価をしたり改良を行ったりしています。すでに市場に出ている製品に対し、お客様からのご要望にどのような改善を加えるべきかなど、日々提案しています。

Q2. プラスを選んだ理由

モノづくりに携わる仕事がしたかった私にピッタリの会社だったからです。

就職活動を通じて、自動車や機械製品などの大きな製品の一部に携わるより、すべての工程に携われる仕事をしたいという想いがあり、日常生活の中で最も身近な文具のメーカーで自分が希望する仕事ができるプラスを志望しました。

モノづくりの環境として、自社工場もあれば、アイデアを出す商品開発、お客様と直接接する営業部署など、それぞれの分野に特化したメンバーが揃っていると思います。

Please reload

Q3. 仕事のやりがい

自分が携わった製品がカタチになったときです。

製品の機能から機構をイメージして作成後、満足に機能しているかを評価し、実際に想定通り機能したときは安心します。また、それらの製品が量産され、店頭に並ぶ姿を見たとき、やはり一番の喜びを感じます。

文具は世界共通。自分たちが作った製品を国内外に提供できるのはプラスの特徴でもあり、やりがいを感じる部分なので、国内を越えて製品を提供できる楽しさがあります。

Q4. 仕事をするうえで大切にしていること

どうしたらより安全で使いやすい製品をお客様にお届けできるかを品質面で求めていくことです。製品のクオリティに妥協することなく突き詰めていくことこそ、私たち設計部門の役割です。

これからも製品の安全性、利便性という面で世の中に貢献していきたいと考えています。

Q5. 一日の業務スケジュール

9:00 出社、メールの確認

10:00 業務内容の確認(タスクリストの作成、製品の評価検証など)

12:00 昼食

13:00 新製品の設計(新製品のアイデア出しなど)

​17:45 帰宅

Please reload

Why I joined PLUS

総合職1~3年

総合職として活躍している若手社員の仕事内容や働き方について紹介します。

​総合職5年 +a

入社後、人材交流制度やライフイベントを経て活躍している社員を紹介します。

​総合職10年 +a

入社後、さまざまな職場環境やキャリアを経て活躍している社員を紹介します。

専門職 オフィス家具

専門職として、オフィス家具の商品開発、意匠設計、技術開発に携わる社員の具体的な仕事内容や働き方を紹介します。

-287_edited_edited.jpg

専門職 文具・事務用品

専門職として、文具・事務用品の生産管理、技術開発に携わる社員の具体的な仕事内容や働き方を紹介します。

Copyright © 2020 PLUS Corporation. All rights reserved.