ファニチャーカンパニー 市場開発本部

2008年4月 入社

2008年5月 プロダクション本部 エンジニアリング事業部 配属

      デスクの製品設計、カスタム品設計、製造現場実習 (勤務地:前橋)

2012年10月  グループ事業本部 システム流通営業部

      他社流通カタログ製品企画、提案 (勤務地:東京)

2015年1月 製品開発本部 製品企画部 企画開発一課

      自社製品の企画開発

Q1. 現在の業務内容

私が所属しているファニチャーカンパニー商品開発部は、オフィス家具を中心とする新製品の開発を行っています。その中で私はオフィスチェアを担当しており、ユーザーニーズのリサーチから、オフィスチェアの仕様やデザインの検討、試作検証など、製品の企画から実際にモノができるまでの一連の流れを管理しています。

また、毎年発刊する総合カタログ制作にもかかわっており、掲載する製品の統廃合計画を立てています。

Q2. 仕事のやりがい

最もやりがいを感じる瞬間は、自分が担当した商品を通じて、お客様からの反応を聞けたときです。多くの方と共に作り上げた商品が発売され、「座り心地が良いね」や「デザインが気に入った」など言って頂けた時、喜びを感じます。また、自社の設計や購買部門、外部のメーカー等社内外問わず互いにアイデアを出し合い課題を解決、企画がカタチになっていくところにもおもしろさを感じます。

Please reload

Q3. 昨年12月に発売した「BeneS」の開発担当者として製品への想い

ロングセラー商品であるオーバルチェアに負けない次の主力製品として、社内のチェアに対する期待も大きく、絶対に売れるものにしたいという気持ちとプレッシャーがありました。多くのチェアが売られている中で、なぜこのBeneSをユーザーに買ってもらうのか、コンセプトについて議論を重ね、デザイン検討や座り心地についての試作検証を何度も重ねました。製品化にあたっては多くの方々に協力いただき、多くの方に座って頂きたい、自信をもって提案できるチェアになったと思います。

Q4. スキルアップたのめに取り組んだこと

教育補助制度「WANNA BE」を活用し、ビジネススキル講座  の クリティカルシンキング と マーケティング・経営戦略基礎講座を受講しました。

社外の方と共にビジネススキルを学ぶ講座で、講座内容はもちろん、普段の業務でなかなか関わることのない業種や年代の方たちとのディスカッションを通じて、視野が広がり、大変刺激になりました。当時、一緒に講座を受けていた方とは、今でも連絡を取り合い、定期的に交流をしています。

Q5. 学生の皆さんへメッセージ

「他社がやらないことをやる」そんな考えが浸透したプラスは、チャレンジ精神に溢れたメンバーがそれぞれの個性を活かし、最近ではユニークな製品づくりを追求しています。

また人が優しく、温かみがあり、部署や社歴に関わらず相談しやすい社風だと思います。新しい働き方やユニークなものづくりを追求していきたいという方、ぜひ一緒に働けることを楽しみにしています。

Please reload

Why I joined PLUS

総合職1~3年

総合職として活躍している若手社員の仕事内容や働き方について紹介します。

​総合職5年 +a

入社後、人材交流制度やライフイベントを経て活躍している社員を紹介します。

​総合職10年 +a

入社後、さまざまな職場環境やキャリアを経て活躍している社員を紹介します。

専門職 オフィス家具

専門職として、オフィス家具の商品開発、意匠設計、技術開発に携わる社員の具体的な仕事内容や働き方を紹介します。

-287_edited_edited.jpg

専門職 文具・事務用品

専門職として、文具・事務用品の生産管理、技術開発に携わる社員の具体的な仕事内容や働き方を紹介します。

Copyright © 2020 PLUS Corporation. All rights reserved.