新しい『モノ』から新しい『コト』への挑戦

ジョインテックスカンパニーは、世の中に無い「新しい流通サービスの創造」という「業界初の挑戦」を続けています。

 

「お客様はどう思うだろう」「今、世の中に足りないサービスは何だろう」と、常に自分で考えて、大胆かつ丁寧に具現化し、進化させていくこと。それが、ジョインテックスカンパニーの成長と社員一人ひとりの成長につながり、誰もが型にとらわれずに責任のある仕事にチャレンジすることにつながっています。

 

お客様の課題を解決するために、PLUSブランドだけではなく他社ブランドの商品をご提案し、文房具・家具以外の商品や、新しいソリューションにつながるサービスを提供する。ジョインテックスカンパニーは、新しい「コト」を次々と世の中に送り出していく「市場創造型」流通を目指しています。

 

日々進化し続ける新しいサービスをお客様へお届けするために、ジョインテックスカンパニーはこれからも挑戦を続けます。

目に見えない「コト」への挑戦

   (総合職・企画)

私は、「smartoffice(スマートオフィス)」というBtoB向けの購買サービスや学校向け、介護福祉施設向けの購買サービスの企画・運営を担当する部署にいます。この「smartoffice」は、従来の販売店様にモノを卸す卸売業とネット通販のハイブリット型のサービスです。

ネット通販の良さである「サイトで注文、お届けする」ことでお客様の利便性と販売店様の業務の効率化を図りつつ、ネット通販だけでは完結しないオフィスのレイアウトや防災用品管理のご相談などを担当の販売店様や営業メンバー、お問い合わせセンターが承ることができる、他にはない購買サービスです。

 

現在私は「smartoffice Web」のリニューアルに向け、プロジェクトのリーダーとして、主にWebサイトの利便性向上にチャレンジしています。Webサイトは、お客様の反応をダイレクトに分析できるので、見た目のリニューアルだけでなく、スピード感をもってサイトを改善できる裏側の仕組み構築にも取り組んでいます。

今後、文具・事務用品だけでなく、様々な「仕事場」で使われるさまざまな「間接材」が、Webサイトから購入されるようになります。たくさんの「モノ・コト」を展開しながらも、お客様ごとに求めるものをわかりやすく提供できる売り場を創り上げていきます。

 

子育てをしながら、プロジェクトリーダーという責任を果たしていくのは、大変な部分もありますが、プラスには、子育てと仕事を両立されている前例も多く、周りの理解も深いため、安心して働くことができています。

産休・育休がとりやすいことはもちろん、育休明けの勤務についても、個人の事情に合わせて時間帯を選択できたり、在宅勤務制度があったりと子育てをしながらも働ける環境が整っています。

ある1日のスケジュール

09:00

出社

 メールのチェック

 実績確認資料の作成・発信

 

プロジェクト打ち合わせ(社内)

 Webサイトのリニューアルに向けて

 改修内容やスケジュールの作成

 

デスクワーク

 資料の準備

 販促物データのチェック

 

​退社

 ※育児中のため、短時間勤務

 ※データ処理が多い時は

​  在宅勤務をする場合もあり

10:00

13:00

17:00

難しいからこそおもしろい

    (総合職・営業)

私の仕事は、販売店様(地域の文具店や事務機店)から頂いた、お困りごとやご要望にお応えするための商品やサービスを提案する営業活動を行っています。最近は、複数の業者から文具・事務用品・日用雑貨などを購入されているお客様に対して一括購買をご紹介しています。販売店様向け通販サービス「smartoffice(スマートオフィス)」や介護福祉施設向け「スマート介護」の提案にも力を入れており単に自社(プラス)の製品を勧めるだけではなく、従来の問屋には無い、新しい流通の仕組みをお客様へご提案しています。

ジョインテックスカンパニーは文具・家具メーカーの販売部門という一面だけでなく、お客様が望まれる「モノ・コト」を自ら考え提案できるという仕事の幅があります。一つの会社にメーカー機能と商社機能をもつ会社だからこそ感じる、おもしろさややりがいは多いです。日ごろから心掛けていることは、とにかくお客様に最適なものを提供すること、そのために昨日までのあたりまえを内側から変えていく精神を持ち続けるということです。もちろん、自分たち発信でモノを作る事もありますが、お客様のご要望を踏まえ、それぞれのニーズにあった最適なサービスを提供します。

 

入社して5年以上経過していますが、プラスは常にユニークで革新的な意識を持っていると感じます。周りの社員からも驚くくらい斬新な発想があがってきます。

時代に合わせ、自らを変え、お客様にあった一番のカタチを目指していく、それがプラスだと思います。

ある1日のスケジュール

09:00

出社

 メールのチェック

 クライアントからの至急の対応や

 返答期日などを確認

 

業務処理

 販売店様からの見積依頼や納期の確認

 

ユーザー同行

 販売店様とsmartofficeを

 ご提案中のお客様のところへ訪問

 具体的な導入時期の打ち合わせ

 

​帰社

 

​退社

10:00

13:00

16:00

18:00

お客様のナンバーワンサポーターになるために

                (総合職・営業)

公立の小中学校へ授業で使う教材、学校で使う消耗品、学校家具などの提案営業をしています。ご提案は、学校に対して直接行う場合と、学校と日々やり取りをされている販売代理店様に行う場合があります。

「先生方のお役に立つようなサービスを」という想いを持ち、授業の内容に合わせた備品選定や学校行事に合わせたカタログの発刊であったり、学校の方針や特徴など様々な事を頭に入れて、ご案内する備品やサービスを選定しています。私たちは、学校で働く先生、そこに通う生徒のナンバーワンサポーターになるために、備品・消耗品などの提案は基本として、そこで生活する児童や生徒、教員の方々の立場になって提案するということを常に意識しています。

現在注力して取り組んでいることは、ただ単に商品を届ける「モノ」の流通から、サービスや付加価値を提供する「コト」の流通へとビジネスの幅を広げていることを営業として周知することです。例えば、企画メンバーが開発した「校歌でダンスを踊りませんか?」です。これは学校の校歌をダンス調にアレンジし、オリジナルの振付を作成するサービスです。学校とともに歴史を刻み、地域に根付いた馴染み深い校歌で、実際に運動会や体育祭でダンスを披露する学校が増えています。現役の児童・生徒はもちろん、昔この校歌を歌っていた幅広い年齢層の方々も一緒に楽しむことができるため、学校様からも注目されています。

 

入社当時から魅力に感じているお客様の「こんなサービスあったらいいな」に積極的に取り組むチャレンジ姿勢はプラスならでは。

これからも営業として型にはまらず、沢山のことに挑戦し続けていきたいと思います。

ある1日のスケジュール

08:30

出社

 メールのチェック

 昨日の残務処理(依頼内容への対応)

 見積もりや商談資料の準備

 

外出(車移動)

 

販売店様との商談

 前の月の実績確認、新商品のご案内

 smartschool(※)登録促進

 

販売店様との商談

 教室増による追加備品の打ち合わせ

 

学校の先生との商談

 新設校に向け提案書の提出、確認

 学校家具のご提案、レイアウトの確認

 

教育委員会との商談

 新商品のご紹介

 

帰社

 メールの確認

 翌日のスケジュール確認

 

​退社

※学校で使う消耗品をWebなどで

 ご発注いただいき、翌日にお届け

 するデリバリーサービス

17:30

10:00

10:30

13:00

14:30

16:00

18:30

ステーショナリーカンパニー

オフィスも、ライフも、より快適に、より楽しくするために、私たちのモノづくりへの挑戦は続きます。

自分の意見をぶつけ合い、お客様のためにより良い空間を全員で考え続けています。

ファニチャーカンパニー